HIBIKIの想い

「建ててからが始まり」ただ誠実に、
今までもこれからも家づくりに関わっていきたい。
そう思っています。

家づくりをする上で、第一に「帰りたくなる家であってほしい」と考えています。その為に建築のプロとしてリスクマネージメントを大切にしています。施工方法はもちろんですが、最近では、まずライフプランの設定からお手伝いすることも多いですね。理想をかなえつつもコスト面で「ムリのない家づくり」が出来ること。実は施主様にとって本当に大切なことではないかと思います。そのために必然なことだと思います。
アーキテクツ・スタジオ・ジャパンを始めたきっかけもそこにありました。「建てたい方」「それを描く建築家」この二つの思いが、コスト面からも考える家づくりでずいぶん解決できるようになりました。
時代とともに新しいものが生まれます。その中でどういうものが求められているか?それを考えていく。経営者として私に求められた使命です。難しいことではなく「建てたいからが始まり」だから施主様には、建てた後どんな小さな不便でも考えてほしい。そう思っています。

大切なのは、そこに暮らす家族が幸せな家。
技術や素材が進化しても基本はそこにあると考えます。

ここ数年建築業界は、技術や素材・制度等、色々な変化がありました。でも、大切なことは実はあまり変わっていないと思っています。響建設に入社してからずっと「人が中心の家づくり」という考え方で、施主様やその家族が建てた後も笑顔で過ごせることを大切に家づくりに携わってきました。それは店舗等の商業建築や公共施設建設でも同じです。どんなに技術や素材が進歩しても、施主様の求めるものに真摯に応えられる会社、それが大切なことだと考えます。そのことを実現するためにも仕事をする上で、まず「優先順位を考える」ということも大切にしています。現場監督として、家づくりにおいてコストや技術などの壁に当たることがあります。特にアーキテクツ・スタジオ・ジャパンの仕事は建築家のキャラクター等によって、難しいケースに当たることは多いです。そんな時も、優先順位をつけることで、一つ一つ着実に問題解決していけます。その最も基本と思えることが、施主様の求める家づくりを高いレベルで実現していくことに繋がっていくと考えています。
これからも、家づくりは変化し続けると思いますが、そんな中でも、人を中心に真摯な家づくりを目指していきます。

当たり前かもしれないですが、「失敗してほしくない。」
だからいつも主観と客観、両方の目を大切にしています。

「家は3回建ててみないと納得のいくものが出来ない。」というような話をよく耳にしますが、現実には、何回も家を建てるということは難しいですよね。だから私は、プランから始まり建てた後を踏まえて、お客様の家づくりをサポートしていきたいと考えています。 これまでに体験的に学んだのは、「家は生き物だということ」。そこに住まう人のライフステージによって、変化していく。建てるときは、それが最高の選択に思っていたことも、ライフステージが変れば、変化する。本当に面白いことです。自分の実体験から学んだことですが、そういった家づくりの肝やポイントなどをうまく伝え、お客様の家づくりをサポート出来ればよいと思っています。「失敗してほしくない」だから基本の精神は、「いつも自分が住む家のつもりで、家づくり」です。ここ数年で家づくりも大きく進化しました。私も今後より一層自分自身の引き出しを増やし、「お客様に満足していただける家づくり」を実現していきたいと思います。
お問い合わせ
ページトップへ

高知県高知市鴨部一丁目22番24号
Copyright © HIBIKI CONSTRUCTION All rights reserved.